精一杯やれることを

中国に行ってきます。

詳細は、日本心理臨床学会公式HP http://www.ajcp.info/index.htm

この準備にあたって、がじゅまるクラブでお世話になったSさんには保健所に問い合わせて、短い時間の間に最低限必要な薬やワクチンを調達していただいたり多大なるご協力を頂きました(Sさんお忙しい中、本当にありがとうございました!!)。それと、コバ研の太田先生と望月さんからは現地で子どもたちと遊ぶためのおもちゃや道具を頂きました。

被災した方々のために、自分ができることを精一杯やってこようと思っています。

それでは、行ってきます。

投稿日: カテゴリー 臨床あれこれ精一杯やれることを への3件のコメント

静岡大学公開講座

8月に静岡大学公開講座として以下の講座を担当することになりました。

リスクマネージメントもご専門の村越先生が、教育活動に伴うリスクの実態とそれをどう低減するかという点についてお話します。

その後、私は災害、そして事件事故など学校において危機的な状況が発生してしまった場合の子どもたちの心のケアについてお話しさせていただきます。
最後に村越先生と小林が入り、参加者も交えてトークをしようかと話をしています。

つきましては、こうした学校危機の対応に興味のある教育関係者の方の参加をお待ちしております。定員が30名となっておりますので、なるべく早く教育学部実践センターまでお申し込み下さい。

*********************

講座名:学校での危機管理:リスクマネージメントから心のケアまで

日時:8月19日(火)9:00~17:00

場所:静岡市産学交流センター(B-nest)→新静岡の近くです

目的:本講座では、現代の学校運営の中で重要な課題となっている教育現場での危機についてのリスクマネージメントを扱う。とりわけ教育活動に内在する危険をどうコントロールしそのリスクを減らすかと、不幸にして事故・事件が発生した後の心のケアを中心に演習等を交えて行う。

講師:村越真(静岡大学教育学部・教授) 小林朋子(静岡大学教育学部・准教授・臨床心理士)

定員:30名

受講費:1,800円(資料代含む)

申込方法: 以下の申込書をダウンロードして教育実践総合センター事務室までFAX(054-238-1071)、もしくは実践センターHP(http: //certd.ed.shizuoka.ac.jp:8080/certd)にあるメールアドレスよりお申し込み下さい。

申込フォーム→

「moushikomi.doc」をダウンロード

投稿日: カテゴリー 研究あれこれ静岡大学公開講座 への2件のコメント

お願い

現在、実践センターのサーバーの調子がかなり不安定な状況になっており、メールの送受信がうまくいっていません。そこで、私にMAILを送っていただき、1週間近く経っても私から返事がない場合は、お手数をおかけ致しますが再度送信していただくか、FAX(054-238-4703)にご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日: カテゴリー コバ研あれこれお願い にコメントを残す