春の訪れ

静大バス停前にある河津桜が満開です。

毎年、この桜の木は、まだ冬の寒さの残る中で、いち早く春の訪れを知らせてくれます。

夜のライトアップもなかなかきれいです。

来月の今頃には、ソメイヨシノの花が見ごろになるでしょう。

静大には多くの木や草があり、一年中何かしらの花が咲いています。

昨年は(暖冬のせい?)毛虫で葉っぱがなくなってしまい花が数輪しかつけなかったツバキが、今年は毛虫が一匹もつかず、元気に多くの花を咲かせていました(なぜでしょう・・・)。ここ数カ月の冬の時期はそのツバキの花々を見るのが楽しみでした。

2月のこの時期くらいから、さらに多くの木々や草花が毎日違う姿を見せてくれるようになります。

小さな成長を愛でる・・・そんな時間が好きです。

Image2001

投稿日: カテゴリー 静大の四季春の訪れ にコメントを残す

耐寒コンパ

今日は、毎年恒例?のM越研との合同企画「耐寒コンパ」をやりました。

冬の「大寒」と、「耐寒」をかけて、冬の寒さを感じながら、あえて野外で飲む!というなんだか大学らしい企画です(笑)。教官がなんだか冬になると率先して企画していることもこのコンパの特徴です(笑)。これで(確か)4年目に突入です。

2年前のコンパは、朝4時まで外で飲み続けました。そのうち霜が降りて、ライトをつけると体中、霜でキラキラと光っていました(笑)。そう、周りが凍った中でも外で飲み続けていたのです。

でも今日は雨・・・仕方なく屋内でやることになりました。。

でも窓は全開。気分だけは野外です(笑)。

シェフKくんのキムチ鍋、家庭科免許のYくんのサラダがとてもおいしかったです。

普段、なかなか関わることのないM越研の学生さんたちとも、にぎやかで楽しい時間を過ごせて本当に楽しい時間でした。

Image196

投稿日: カテゴリー コバ研あれこれ耐寒コンパ への2件のコメント

支え、支えられ

先日、SC業務のためT中へ。

T中の重い門を開けて、車を入れ、また閉めていた時に、少し離れたところに先生がいたので、「こんにちは!寒いですね~」とあいさつをした。その時、先生の方に完全に気が向いていた。

ガツン!!!

正門が後方からやってきて、左足首が門と地面の隙間に挟まってしまった。

「うわああああああ!!!」

久しぶりに、全身を駆け抜ける激痛・・・

足は門からすぐに抜くことができたが、激痛で立ち上がることができない。しばらく地面を這って痛みをこらえていた。ブーツをはいていたけれども、かかとから血が出てきているのがわかった。立ち上がろうとしたら、とりあえず立てる!(いつものことだが、元気な体に産んでくれた母に感謝する瞬間)。「骨は大丈夫そうだから、とにかく保健室に行こう」と思った。

ふと校舎の方を見ると、ちょうど昼休みということもあって、何人もの生徒が遠くからこちらを心配そうに見ていた(笑)よろよろしながら、通用口すぐにある保健室へ。

「こんにちは・・・I先生・・・やってしまいました・・・(泣)」

養護教諭のI先生がいたので、すぐに診ていただいた。ちょうど昼休みということもあって、生徒たちがわらわらいて、私の傷口を覗き込んでいた。

「きゃああ~!!痛い!!!痛い!!!」

消毒薬を塗られているのは私なのに、みんななぜか痛がる。その様子を見ながら、痛いんだけれども、なんだかとても面白かった。

ちょうど保健室に相談室登校のAさんがいた。

手当が終わると、「先生、肩貸しますよ」とすっと肩を貸してくれた。そして、少し離れた私の面接室まで、私の重いカバンと私を抱えてくれて、昼休みのザワザワした廊下を一緒に歩いてくれた。

そして、段差や障害物を気にして、私のペースに合わせて、支えてくれていた。そして、Aさんは私がまだ食べていなかった給食を職員室から運んできてくれた。そして、Aさんや相談室にいる生徒たちと話しながら食事をとった。

「ありがとね、本当に助かったよ」

と、感謝の気持ちを伝えた時のAさんのはにかむ顔がなんだかとてもよかった。

支えている人と支えられている人が、自然に交代することもある<日常>。

こうした何気ない、<支えあう>という感じが、「なんかいいな~」と思った。

カウンセリングルームのような<非日常的な枠組み>ももちろん必要なのだけれど、でもそれ以上に日常生活の何気ないやりとりの中で、人は癒されていくことが多いのだろうと感じている。学校は<日常>の場。だからこそ、学校で生徒や教師も含めて互いに支えあう雰囲気があれば、それだけで学校はすごい<力>をもった場になるのだろうと思う。

先日、臨床心理士のメンバーとの打ち合わせの中で、心理療法で改善されたと言えるのは10%~20%くらいだということを聞いた(どの文献かはきちんと読めていません。ここでは、あくまでも聞いた話です)。となると、<日常>のエンパワーメントをいかに行うかは非常に重要だ。被害者支援をしていると、<日常>の質を向上させることはまず最初に行われるべきことでもある。

臨床はいろいろな場があるけれども、私はどこが好きかというと、やっぱり<日常>に寄り添う「学校」という場がやはり心から好きだなとしみじみ思った出来事だった。

投稿日: カテゴリー 臨床あれこれ支え、支えられ への2件のコメント