風花

「寒い!!!」

温暖な静岡でも、今日の寒さはひとしおです。

午前中の授業では、学生たちが「寒い!寒い!」と連発していました。

授業を終えて研究室に戻る時に、日差しがさしているのに雪がちらちらと舞い始めました。

うっすらとさす太陽の光に、はらはらと舞う雪は、まるでさくらの花びらが舞っているようでした。

いつもお昼を一緒に食べている職員さんと話をしていたら、それが「風花」という現象なのだと教えてもらいました。

午前中の教職必修科目の授業では、とても真剣で、そして深いテーマを扱いました。授業を終えた時は教室がなんとも言えない真剣な空気に包まれていて、今日の授業で何を伝えたかったのかが学生にも伝わった感じがしました。授業を受けた学生さんたちが書き綴ったミニレポートには、それぞれが感じたこと考えたこと、自分に対する叫びのような声までも、真剣で様々な思いが書かれていました。きっと今日を機会にいろいろと思い、そして人として、教師として生きることについて深く考えていくのでしょう。教師は命に寄り添う仕事ですから、<命>、<生>を支える、ということに対して、自分の思いや考えを深めていってほしいと思っています。

授業を終えた後の、何とも言えない余韻(いやな感じではありません)を味わいながら、はらはらと舞う風花を眺めていました。

もうすぐ・・・1月17日です。

投稿日: カテゴリー 静大の四季

「風花」への3件のフィードバック

  1. 先生昨年は、児童健全育成財団の静岡つまごいでの指導者養成セミナーに参加させて頂き、先生の講演を拝聴させて頂きました。有り難うございました。その後、色々お聞きしたいことが有りましたが。。。なかなかお聞きすることも出来ず終いでした。また、内の学童内で起こった事の相談をと思っています。宜しくお願い致します。

  2. >堤さん
    書き込みありがとうございました。12月の研修会の内容は少しでもお役に立てましたでしょうか?先日の時は、スケジュールが詰まっていて、なかなか参加されていた先生方とお話しできず私も残念でした。児童館の実状など、また教えて下さい。

  3. 先生ご無沙汰致しております。私は児童クラブで指導をしております。昨年学童保育を立ち上げ、2年目になります。学校との連携がなかなかうまくできない状態です。学校側が割り切っているようですね。行政の縦割りと申しましょうか。その狭間で苦慮しています。今、八間について自分なりに研究しています。時間・空間・仲間(三間 さんま)
    に人間 世間 狭間 隙間 合間を入れた八間です。この間を今実践しています。堤でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です