新刊

久しぶりに編著書を発刊しました。

「これだけは押さえたい学校臨床心理学」です。

恩師である筑波大学の徳田先生と一緒に編者をやらせていただきました。

文化書房博文社から、2100円です

120411_122921jpg1

http://user.net-web.ne.jp/bunka/index.asp

多くの先生方にお忙しい中、執筆して頂きました。

ありがとうございました!

徳田先生とのやりとりの中で、久しぶりに院生・駆け出しの研究者なりたての頃の気持ちを思い出しました。

真剣に自分の課題を指摘してくれたり、たるんだ自分の姿を客観視させて下さる師匠を持てることは、人生でとても幸せなことなのだと、また改めて感じました。

そして、私もそう言われるような先生になるために、もっと人生修行を重ねなければとまた強く思いました。

PS 小泉令三先生が編著の「よくわかる生徒指導・キャリア教育」の第3版が出版されました。私も緊急支援などを書かせて頂いております。こちらもよろしくお願いします。

120412_162301jpg1

投稿日: カテゴリー 研究あれこれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です