学校心理学会での発表

先週末、大阪教育大学で学校心理学会がありました。

そこで、静岡県教育委員会と進めている学校危機に関するシミュレーション研修について発表をしました。
連名発表者のS先生も一緒に発表してくださいました。
今回の発表は、「いじめが疑われるプールでの事故」の架空事例に対して
・どのように対応するか
そして
・どう予防するか
を考えてもらう研修についてです。
2時間の発表時間でしたが、絶え間なく先生方が来てください、活発な意見交換ができ、とても充実した時間でした。

Img_1285_480x640

今年度のシミュレーション研修は、「いじめ自殺」です。

10月に、静岡県内教育委員会の指導主事の先生方を集めた研修で行う予定です。

こうした痛ましい出来事を起こさないためにどうしたらいいのか、「予防」にもじっくり時間をかけて研修を行う予定です。

S先生とのコラボレーションで進めているのですが、

会議はいつも4時間以上かかるのにもかかわらず、その時間があっという間です(笑)

「現場のニーズに沿った研修を作りたい」

「子どもたちの笑顔を守る学校でありたい」

という気持ちの下に、がんばっています。

本当に勉強になり、そして楽しく研究を進めさせて頂いています

Img_1272_480x640

投稿日: カテゴリー 研究あれこれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です